So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャンプ感想(8号) [ジャンプ感想]

アイマス新年会がやばいです。まだ全然最初の方までしか見てないですが、映像レベルが高すぎる。なんというプロ集団…!
こんな素晴らしい映像が無料で見られる日本すげぇ。
お前の動画で日本がヤバい。

Amazonのおすすめトップ10もアイマス関連で埋め尽くされたりしつつ、
今年もアイマスワールドを楽しんでいきたいですね。
あと左サイドのニコニコマイリストももっと充実させていきたいですが…
もう半年以上放置しっぱなし。




アイマスに興味がない人は置いてきぼりな前置きはこれぐらいにして、そろそろ今週の感想へ。
ちなみに感想遅れたのは新年会見てたからではなく、仕事が忙しかったからです…あふぅ。











巻頭カラー・銀魂。「第二百四十四訓 愛とは無償のものなり」
寺門通公式オフィシャルファンクラブ決定戦もついに最終戦。
リングを見せてボクシング勝負…と見せて実はカードバトル、というのは面白いけれど、
グローブをつけるところを数コマ使って描いたほうがもっとギャップが強調されていいと思う。

肝心のバトル自体はまんま遊戯王でワラタw
グローブがデュエルディスクっぽくなるのがカッコイイ。
新八は通常の位置なら「こんなモン買わねーよ!!」というのもアリなんだけど、
今回に限っては言ってほしくなかったなー。
俺もアイマスグッズなら何でも買うというわけではないので、気持ちはわかる。
が、親衛隊の隊長ならばもっと情熱を見せてほしい。
全っ然気持ち伝わってこないよ!もっと自分を出して!

んでバトルの内容といえば、ギャグだけどけっこう真面目に考えてあるというか、
勢いでごまかさずにちゃんと作ってるなという感じがしました。
さっきからアイマスばかりで申し訳ないが、興味ある人はこちらの動画(注:ニコ動)をごらんあれ。
デュエルとはこういうことだ!と言わんばかりに美しい流れ。
たぶんアイマス知らなくても楽しめる…はず。





ワンピ。「第528話 〝海侠のジンベエ〟」
署長と副署長が仲良さそうにしか見えないw
どう見てもボケとツッコミだよこれ。

先週「恐怖する気力もないガネ…」とか言ってたわりには、ルフィを見てワクワクする"さん"。
「檻の外にいる」ことはやはり「脱獄中」としか認識されず、
乗り込んできたという発想にはならないんですね。
まあ普通わざわざ監獄に入りに来るやつはいないでしょうが。

昔の活躍キャラがどんどん出てくるのはワクワクしますが、
逆にいうと、最近読み始めた人は誰だかわからんわけで。
そういう人たちは今の展開はどう思ってるんでしょうね。






ナルト。「431:ナルト大噴火!!」
ゆりしー大勝利!!
近年のナルトにはちょっとガッカリしがちではありますが、
今週は普通に熱く、ナルトがカッコよかったです。
これで各キャラのパワーバランスをきちんと描けてればなぁと思わずにはいられません。
どうしてもナルトが4代目越えしてるってーのは違和感あるんだよねぇ…






トリコ。「グルメ33 サニーの“ダイニングキッチン”!!」
トリコが嗅覚、ココが視覚だったように、
四天王はそれぞれ特化した感覚があるようですが、サニーは「触覚」ですか!
前者二人は感覚強化型だったのでイメージしやすかったのですが、
触覚はなかなか掴みづらいですな。
ていうかこれ、触覚っていうより触角じゃね?
まあ意味としてはどちらも掛けてあるんでしょうけど。

五感のうち残り二つは聴覚と味覚。
トリコという漫画の世界は味覚中心に動いてるような世界観なので、
味覚強化型はまずないでしょう。
ということは四天王残り一人は聴覚強化型ということになりますかね。
すごく地味になりそうだが、盲剣の宇水と考えればアリか?
もしくは痛覚強化型のドMとか(えー)

頬をなめるシーンはジョジョ、サニーゾーンは手塚ゾーンを若干パロってるんじゃないかと予想。
>無敵だ!!ダイニングキッチンの中でサニーに勝てる奴はいない…!
とサニーを絶賛するトリコですが、トリコ自身も勝てないと思ってるんでしょうかねー。
ココの毒もあまり効かなさそうですし。






リボーン。「標的225 雑種ミックス
雑種とけなす→雑種が劣ると誰が決めた?→ライガー登場
の流れはよかったです。
まあ人間でもハーフのほうが美形になったりしますし、
超サイヤ人のバーゲンセールがあったりするので、
混血が劣るってことは別にないですな。







ブリーチ。「341.The envy」
タイトルはまんま「嫉妬」。
どっちがロリだかメノリだか忘れましたが、まだ織姫に嫉みがあるようで。
でもこいつ脚は綺麗なんだよねぇ……え、どうでもいい?

しっかし今週内容ねぇなぁw
小説だったら1ページいらんぜこれ。





バクマン。「21ページ 壁とキス」
1個だけ気になったのは「教科書どうり」かな。
サイコーは中学生だからという演出なのか、素で間違えたのか。

×そのとうり→○そのとおり(その通り)
×どおりで→○どうりで(道理で)

意味を考えるとわりとわかりやすいんですが、
けっこうごっちゃになりやすいんですよねこれ。

リア充なシュージンですが、相手が見吉だとあまりうらやましくなかったり。
かといって亜豆がいいかというとそうでもないのですが…
岩瀬さんもちょっとアレですし、バクマン世界の女の子とはどうも相性がよくなさそうです。






スケット。「第73話 おねえさんがんばる!」
ドジっ娘レミ先生が頑張るお話。
ドジっ娘はいいものですが、ちょっと限度を過ぎてやしないかこれw
お弁当のご飯とおかずを取り違える、バケツの水を倒す、
うっかりスカートをめくりあげる(これはどんどんすべき)まではいいとして、
花瓶とカバンを間違える、人形を黒板消しと間違え、しかも気づかない…
ちょっとドジの範疇を超えてて若干笑えない。
この人の見えてる世界は常人の世界と違うのではなかろうか。
かと思えば子供たちと遊んでるときは全くドジしないというのも、
ちょっと都合よすぎるんじゃないかなー。





いぬまるっ。「第21回 熱血!!カルタ大会」
おもしろかったけどコメントが思いつかないw
大石先生は4コマよりこっちの方が合ってるっぽいね。






マイスター。「Play.6 千葉四強」
主人公たちVS千葉四強と言われても全然盛り上がらないのは、
強い奴の見せ方を失敗してるからなんだよねぇ。
名前だけ出して強いと言われても実感わかないから「フーン」にしかならない。
そこらへんはナルトも同じだけど。
黒子のバスケが上手いのは、初めに実際に黄瀬の強さを見せてるから、
「なんかわからんけどキセキの世代すごいんじゃね?」という印象が不自然なものじゃないんですよね。
しかしまあ、ただでさえテンポの遅いマイスターで、
主人公たち以外を描写する余裕があるのかと言うとちょっと厳しい気はしますが…






読み切り・トリガーキーパー前編。(葦原大介)
後編を見ないと感想も書きづらいですね。
とりあえず言えることは、「トリガーって何?」ってことかな。
「翻訳能力は我々のテクノロジー「トリガー」の一端です」
「あの母船はそれ自体が巨大なトリガー」
「トリガー人形ユニット」とか、
あとは物にベクトルを与える能力だったり、
空間に穴を開けて矢印出したりする能力とかいろいろあるみたいですが、
トリガーの「定義」みたいなのが全く見えません。
我々のテクノロジーとだけ言われてもねぇ…
こういうファンタジー物は最初に世界観をきちっと決めないと、
それ以後のストーリーが全く活きません。
後半でどうなりますかねー。






ぼっけ。「第4怪 追跡者」
上でも書きましたが、こちらももうちょっとこの世界を細かく描写してもらいたいところですね。
菩怪とは何か?何ができるのか?何ができないのか?
菩怪化とはどういう現象なのか?その前後で何が変わるのか?
そのあたりの線引きができてからがこの物語のスタートだと思います。




黒子。「第5Q 伊達じゃないですよ」
マイスターの感想で強さをイメージしやすく、とは言ったけども、
数値化するのはそれはそれでどうかと思うw
まあバスケだとそこまで極端にはならないでしょうが、
数値化するとどうしたってインフレしますからねぇ。
まあそれを防止する意味で、あえてわかりにくい数値にしてあるんだと思いますが。

お互いチームメイトであったが故にお互いの弱点も知り尽くしてる二人ですが、
黄瀬はともかく、黒子は黄瀬の弱点をあらかじめ教えといたほうが良かったんじゃないかなw





こち亀。「要注意振込め詐欺の巻」
これだけ昔から散々言われているのに今だになくならない振込め詐欺。
周りから見てる分にはなんでそんなの引っかかるんだ、と思いがちですが、
実はそういう人が実際には引っかかりやすいんだとか。
最近のは本人の名前だけじゃなく家族の名前を調べてたり、
逃げられない状況を作ったり、
とにかく用意周到らしいですね。(本編でも書いてありますが)

後半ではあまり身近にはない利殖詐欺。
こっちは手を出す人は限られてるでしょうが、
身近にないだけに上手くまるめこまれていつの間にか損しそう?

騙す方が100%悪いのは事実なんですが、
今の法律だとたとえ犯人が捕まってもお金が返ってこないのが現実。
予防策はしっかりと持っておきましょう。
初めから疑ってかからないといけない世の中になってしまったのは哀しいことですが…






アイシールド。「313th down 野心」
なんだか阿含がどんどん小物になってゆく…
登場初期はすげー強そう!って感じがあったのに、今やかませ犬臭しかしません。
ロシア戦では実際かませだったし。
ヒル魔たちにどなりつけるのももはや負け犬の遠吠えにしか聞こえず。
彼はどこで間違ったのか…

そのうち阿含を超える能力持ちも出てきそう。
さすがに神経伝達速度を超えるわけにもいかないので、+αっぽい感じで。
相手が動いてから反応できるだけじゃなく、
相手の動きを予測して先に動くことができたら、
おそらく阿含より(見かけ上)反応は早くなるはず。
例えるなら狂経脈+飛天三剣流的な感じで。






サイレン。「CALL.54 兄弟」
アマギミロクの漢字表記を勝手に「天儀弥勒」と予測してみる。特に意味はないが。
でも「天」は既に天樹院がいるから違うかなぁ…

犬居兄も三郎(アマギミロク?)も、どっちもあえて殴られるというドMな二人なんですが、
この組織にはMな奴しかいないんでしょうか。






ネウロ。「第189話 完【かんぺき】」
タイトルの「完」の字がちょっと不穏な感じになってきてますが、
最終話あたりに完【おわり】とかやりそうな気もするので、
今週からずっと完【○○】で続ける可能性もあるかな?

個人的には、XIが最終的には救われるエンドを期待したいんですけど、
松井先生のことだからどうだろうなぁ。
未だ見せないシックスの力っていうのも気になるし。
「sicks」の本領発揮でマゼラン署長みたいな能力だったら…と思ったけどヴァイジャヤとかぶるな。
うーん気になる。
このまま全力で最後まで突っ走ってほしい。






ぬら。「第四十二幕 闇より暗い翼を持つ妖怪」
みすちー!みすちーじゃないか!という東方厨の戯言はさておき、
今週の展開はちょっと残念。
玉章が優勢になるのが夜雀の手助けのおかげというのと、
リクオがつららに助けられなければガチで負けてたという点がなぁ。
どちらも大将の力量がイマイチって感じがしてどうもね。
せっかく早々に大将同士の戦いになったんだから、
大将同士の力比べで争ってほしいものです。
まあそれはそれとして、つららがメインヒロインすぎるw





とらぶる。「トラブル132 クイーンの帰還」
まあとらぶるにシリアスは似合わないので、
結論がこうなることは目に見えていたんですが、
その間にモモのシャワーシーンが入るとは誰が予測しただろうかw
このサービス精神があるから長谷見先生は素晴らしい。
モモと一緒にシャワー浴びてぇーー!
振動リングを怪訝そうに見る美柑も気になるが…!
リング返してないんじゃないのかね?んん?






アスク。「第16話 ナメんじゃねーっス!!!」
ロザリィの「~っス」が、
「すごいと認めたけど敬語を使うのが照れくさい」というツンデレから生まれたものだったとは。
アスクレピオスのストーリーや手術シーンなんかは地味なんだけど、
ロザリィはよくできたキャラだと思うので、このまま終わらせちゃうのもちょっと残念な気はします。
……終わるんだよね?







ジャガー。「第359笛 アンサーソング的なアレ」
なんとなく映画の宣伝というのはわかったけど、
メーヴェとか蒼木衣とかナウシカネタが入ってるのはなんでだろう?
見た目が似てるからとかそういう関連?
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

柊樹

>え、どうでもいい?
凄く重要です。

>カルタ大会
高校の百人一首大会で札を派手にぶっ飛ばしていたのは私です。
そして翌年からルールに「札を飛ばしたら負け」が新規追加。
うん……まぁ仕方ないよね。危ないし(周りが)

by 柊樹 (2009-01-26 19:31) 

Aries

>柊樹さん
>凄く重要です。

さすが脚フェチに定評のある柊樹さん!
期待を裏切らないぜ!

>高校の百人一首大会で札を派手にぶっ飛ばしていたのは私です。
>そして翌年からルールに「札を飛ばしたら負け」が新規追加。
>うん……まぁ仕方ないよね。危ないし(周りが)

破門カッターですね、わかります。
by Aries (2009-01-27 22:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。